Scenario部

<シナリオ部について>
「何はともあれ何か書いてみたい」「何だか面白そうだ」「書けるのかな」とういう不安を拭うはじめの一歩を応援します。

一般的に習い事というのは何かを学んでその対価として収入を得ると思うのですが、それはそれで一つの方法ですがそれの弱点は決められたパターン、方法論に陥りがちになるということです。

何か道標が欲しい方々にはいいと思うのですが正解がない世の中にあってそれから漏れ出たもの、そのパターンにどうしても違和感を感じる方々いるのも事実です。

そもそも正解なんてなんて無いしあらゆる正解は誰かが作ったものなので自分なりの正解を作り上げていくのがこの部の目標です。

技術的な事はさておき、まず自由に書いてみてそこから自分なりの形式を見つけていくというスタンスです。

野球でいうならいきなり野球を教えるのではなくまずはボール遊びから始めましょうということです。

ただ自由というは逆に不自由でもありますよね。
そこで「将来自分のシナリオが形になった時をイメージする」という事に注目したいと思っています。

シナリオはそれだけでは完成しません。例えば映画的なものだったら映画になった時の映像をイメージして演劇的なものだったら演劇になったらどうなるだろう?ということを念頭に置きながら描いていく、ということです。

<方法>
まずは1ページほどの短編を書いてみましょう。
2週間に一回参加者が提出してくれ作品を皆さんでシェアしてディスカッションします。
そこから初めて3ヶ月後から中編、そして半年後には長編を目指して行きます。そして優秀なシナリオは作品にします。
世界中の方々に見てもらう機会が出来ているこの時代なので出来た作品は世界のマーケットに出していきま

ミーティング使用媒体: zoom / slack

<参加方法 >
こちらへの申請で参加になります。まずは思い立ったらどんどん書きまくりましょう。
facebookグループ