今日の気づき:

・商業映画のスタッフの役割分担は理に適っているらしい。一人で二役、三役やろうとすると注意力が散漫になる。
・3次元から2次元にするところ(俗にいうカット割り)。色々自分にとっての最適の方法を模索している。以前はコンテを切ったりもしていたが絵コンテを描くとどうしても型にハマる感じがあって今度現場で即席にやろうとするとこれも押さえとかなくてはあれも押さえとかなくては、となる。リハーサルで割りを決める、ある監督は言っていた。キレのあるカット割りを目指そうとするが自分の役者の経験値を生かそうとするとどうしても感情に引っ張られる。動きも含めてのカット割りを目指してはいるが、、まあ編集にもよると思うが、、、キレのいいというと黒沢清、北野武、ジャン=ピエール・メルヴィル監督などですか。 役者出身というとジョン・カサヴェテス、クリント・イーストウッド、オーソン・ウェルズ監督などですかね。
・映画は一人では出来ないから美しい。
・何れにせよ天才でもなんでもないので環境を作り経験値を上げ行かなくては、と思う今日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。