出演者オーディションWSのお知らせ in Fukuoka

現在進行中の映画に出演してれる方のオーディションWSを行います。

福岡では珍しい映画系に出演できるチャンスです。一期一会ですので奮ってご参加ください。

作品内容

2019年、地球人と宇宙人が普通に地球に存在している世界。しかしその存在は限られた人にしか知られていない。

宇宙人が実験兵器として開発していたミコトとサナが実験室から逃げ出したことで事態は急変する。

宇宙人の持つ科学技術を利用しようとする政治家。それを阻止しようとする政治家。

今尚問われる戦争や化学兵器、高度なテクノロジーとどう関わっていくのか、映画を創作しながら考えていくという創

作過程共有プロジェクトである。

なぜ創るのか?

映画作りの価値を皆さんと共有したい。

かつて映画しか娯楽が無かった時代がありました。

その時代に比べると現代はいろんな娯楽が世の中にいっぱい溢れていますよね。また映画を気軽にネットでダウンロー

ド出来る時代にもなって映画館の役割も大きく変わってきてます。このような社会の中で今後の映画業界はどうなって

いくのでしょうか?

あらゆる業界と同じように映画業界も変わり目であり、作った作品を直接消費者、または海外の映画祭に見てもらう機

会が出来るようになってきています。

このような時代の流れに乗り、この団体は映画作りの現場を解放して価値を共有しながら参加者とともに福岡から世界に作品を発表していきます。

第1作はすでにシンガポールの短編映画viddseeサイトに載っています。このサイトは東アジア全域がターゲットです。https://www.viddsee.com/video/encounter/nb0yc

現在作ってる作品も直接海外の映画祭に出品します。

募集役柄 男(3) 女(3)

坂本・・・(宇宙人)謎の組織の日本支部の長  Kai (Sakamoto)

功・・・(宇宙人)坂本の右腕

伊織・・・(宇宙人)謎の組織の組員 会社員

華・・・(宇宙人)謎の組織の組員 

和枝・・・(宇宙人)謎の組織の組員

友子・・・(宇宙人)謎の組織の組員 ショップ店員

宇宙人とありますが劇的に宇宙人を描くのではなく日常の中にすでに宇宙人がいる、と言う世界観にしています。

役者さんから出たアイデアは積極的に採用していきますし、それぞれの役者さんにあった役柄にしたいと思っていま

す。一緒に作っていきましょう。

出演者ws オーディションの内容

自分の考えとしては映画の演技は舞台の演技とは違います。 なぜならキャメラがあるからです。

目の前にお客さんがいて縦横無尽に動ける演技と違って映画はキャメラのフレームを意識して演技をしなくてはいけません。

このワークショップではキャメラありきの演技がどう言うものなのか参加者の皆様と考えていきます。

前半->様々な映画のシーンから映画の演技を考える。

後半->実際に演じるシーンをやってみる

場所

千代音楽・演劇練習場(パピオ)中練習室6

時間

2020/09/27(日) 13:00-18:30

WS参加費 映画出演料

WSオーディション参加費:無料

合格後の出演料は発生しませんが撮影中の食費はお出しします。

撮影までの流れ

10月,11月中に福岡県で撮影。

リハーサル(2、3日) + 撮影(2、3日)→日程は出演者と交渉

お問い合わせ

コンタクトフォームに必要事項をご記入の上ご連絡ください。

「令和2年度
助成: (公財)福岡市文化芸術振興財団「FFACステップアップ助成プログラム採択事業」
後援: 福岡市、(公財) 福岡市文化芸術振興財団」

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。