4/5・6は東京ロケでした。

5日は新高円寺の一軒家を貸してもらい、2人だけの「東京物語」自主上映会シーンを撮りました。
この日の撮影は午後一から夕方まで。
荒編された映像も上がっているのでご覧ください。
6日は綾瀬のスタジオ(兼舞台会場)で、冒頭のオーディションシーンと喫茶店のシーンを撮りました。
この日は朝8時集合〜21時ぐらいまでかかりました。
撮影自体そんなにボリュームはなかったのですが、冒頭の大事なシーンだったので芝居のブラッシュアップにかなり力を入れていました。
〈下記、個人的な感想〉
役者出身の監督ということもあり、経験に裏付けされた演出の付け方が印象的でした。
役者さんとディスカッションしながら、多少時間をかけて芝居を詰めていくというやり方は、予算も時間も限られた今の時代にそぐわないかもしれませ。
ただ、結果的に面白い作品になるのであれば、色々な方法論があっても良いはずですし、模索することが重要かと思いました。
あと、スタジオにいた猫が可愛かったです。

杉本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。