良い映画の要因の一つは情報量の差

一秒間に24フレームの絵の連続、が映画であるならばその一枚一枚の活動写真がどれだけ満たされているかで映画の質が決まる。

情報量を多くするにはフレームレートを上げて写真の枚数を多くすればいい?

そういう問題ではない。

また画素数を上げればいい?

そういう問題でもない。

いい映画にはワンフレームワンフレームいろんな情報が詰まっている。

感情、哀愁、歴史性、社会性、思想、哲学、物語性、その絵が醸し出している風景、ありとあらゆる情報が一枚の絵に詰まっている。

その絵を魅力的なものに出来るか否かは映画作家の思想によるところが大きい。

映像を撮って繋げる、のは小学生でも出来る。いやむしろ異なるものを繋げる事ができるのでより面白いものが出来る。

ただそこに質のいい情報を載せる事ができるかどうかはそう簡単ではない。

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。