Werner Herzog「Family Romance, LLC」

ヴェルナー・ヘルツォーク氏が日本で作品を撮影した作品。

アギーレ/神の怒り』や『フィツカラルド』などのとんでもないぶっ飛んだ世界観は観賞後数年経ってるがまだ脳裏に残っている。

そんな監督が日本でどんな作品を撮影したのかとてもワクワクしながら鑑賞した。

実在する日本のレンタル家族の会社の話がストーリーの土台になっている。

出演者は素人の方達、実在の家族レンタル会社の社長が主人公を演じている。

東京上空からのショット。  主人公が原宿の通りで一人立って誰かを待っている。

時にはゲリラ的に時にはじっくりとキャメラを回し、未だ衰えることのない好奇心に感服する。

並外れた経験があるにもかかわらず初めて撮ったような映画。紛れもないヘルツォーク氏の映画がそこにある。

やはりぶっ飛んだ映画であったこと、そしてどこで撮ろうが環境のせいにしてはならない、を言われているようで勇気をもらいぜひ皆様も一度ご鑑賞下さい。

MUBIサイトで監督のインタビューも踏まえてみることができます。

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。